2,000社の生の声 製造業の海外販促の現状 最新調査レポート

『製造業の海外営業・販促に関する調査』

~ 今後、力を入れたいのは中国・ベトナム・インド・タイ ~

株式会社イプロスでは、
製造業の海外販促の現状に関するリサーチを2014年6月に実施しました。

有効回答数は2,000名超。
本資料はその結果から一部を抜粋し、
『製造業の海外営業・販促に関する調査 - リサーチ結果(2014年6月)』
としてまとめております。


このアンケート結果から、日系企業の海外進出の現状や今後の展望、
また海外展開中の企業が抱える課題や困りごとが見えてきました。

ぜひ貴社の海外販促、海外進出の参考資料としてお役立てください。


【要約】

  • すでに海外進出をしている企業が今後注力したい地域は、
    中国、ベトナム、インド、タイ。
  • アジアでの販促でホームページを活用できている企業は3割。
    現地の各種媒体の利用も少ない。
  • 今後、はじめての海外進出を検討している企業が力を入れていきたいのは、
    ベトナム、タイ、中国。
  • はじめての海外進出にあたっての困りごとは
    「代理店・パートナー探し」「専任担当者の不在」。

その他、自由記入の回答結果も多数掲載しております。


【調査概要】

調査テーマ 製造業の海外営業・販促に関する調査
調査方法 ネットリサーチ
調査対象 イプロス製造業メールマガジン購読者
調査期間 2014年6月13日(金)~6月19日(木)
有効回答数 2,791名

※ダウンロードお申し込み後、メールにてPDF資料のURLをお送りします。
  ダウンロード、または印刷してご覧ください。
※誠に恐れ入りますが、同業者様からのお申し込みはご遠慮いただいております。
  予めご了承ください。

■お申し込みフォーム